Open access choices for researchers - Librarian Resources

We use cookies to improve your website experience. To learn about our use of cookies and how you can manage your cookie settings, please see our Cookie Policy. By closing this message, you are consenting to our use of cookies.

オープンアクセス出版オプション – 研究者向け

オープンアクセス出版をサポート

Taylor & Francis Groupは、研究論文、書籍を出版する著者のために、多様なオープンアクセス(OA)オプションをご用意しております。

ゴールドオープンアクセス出版オプション

ハイブリッドジャーナル

Taylor & FrancisとRoutledgeの2,220誌以上のオープンセレクト(ハイブリッド)ジャーナルからオープンアクセスで研究を出版することが出来ます。 オープンセレクトは、ご希望のジャーナルで出版しながら、オープンアクセスがもたらすインパクトメリットもすべて享受できるため、著者に人気があります。

>>詳細はこちらから

F1000

F1000は、2013年に世界初のオープンリサーチ研究出版プラットフォームを設立、以降オープンリサーチを提唱してきました。F1000は、世界中の研究コミュニティにオープンな出版プロセスを提供しています。

F1000Research

F1000Researchは、迅速で透明性が高い著者主導の出版プロセスを提供し、研究の発見性を最大限に高めることができる、オープンリサーチ出版プラットフォームです。

Platforms powered by F1000

欧州委員会、ウェルカム・トラスト、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を含む多くの資金提供者、機関、組織のために、カスタマイズされた出版の場を構築、運営しています。

Routledge Open Research

Routledge Open Researchは、2022年春に開設予定の教育学、芸術学、人文社会科学の研究者向けの出版プラットフォームです。

フルオープンアクセスジャーナル

Taylor & Francis Groupは、ゴールドオープンアクセスの論文のみを掲載するフルオープンアクセスジャーナルも増やしています。これらのジャーナルは、Taylor & Francis、Routledge Open、Dove Medical Pressの各インプリントから出版されています。

>>詳細はこちらから

オープンアクセスブック

オープンアクセスブックプログラムでは、単著または共著の書籍、編集コレクション、個々のチャプターをオープンアクセスで出版することができます。出版後、オープンアクセスの書籍やチャプターは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下、デジタル形式で閲覧、ダウンロードが可能となります。

Open Plus Books

Open Plus Booksは、F1000とTaylor & Francisが共同で立ち上げた新しいコンセプトの書籍出版オプションです。F1000のオープンな研究技術と出版プロセスを従来の書籍モデルと融合させたOpen Plus Booksは、21世紀の研究者のためにオープンアクセスの書籍出版を再構築します。

研究者にとってのオープンアクセスのメリット

研究成果物へのアクセスが容易になることによる社会的なメリットに加え、私たちはオープンアクセスを選択することが研究者のキャリアにどのように役立つかを理解してもらいたいと考えています。研究者がオープンアクセスを選択する理由としては、次のようなものがあります。

  • 可視性の向上

オープンアクセス化された研究は、世界中の誰もがいつでも利用できます。また、研究者自身も自分の研究を制限なく共有することができます。これにより著者の知名度が上がり、キャリアアップにもつながります。

  • 学界を超えたインパクト

研究者は、自分の研究が社会に与える影響を示すことが求められ始めています。

オープンアクセスでは、学術書や論文を図書館で簡単にアクセスできる人だけでなく、新しい読者層に届けるのに役立ちます。オープンアクセス出版は、政策立案者、非政府機関、メディア、教育者、実務家が著者の研究を実行に移すのに役立ちます。

  • 学術的なインパクトを高める

出版物へのアクセスの障壁を取り除くことで、他分野の研究者などの読者が増えます。特に他の人が原著論文を基に研究を進めることができるオープン・パブリッシング・ライセンスと組み合わせた場合には、被引用数の増加につながります。

  • 資金提供者からの資金提供条件に応える

現在、多くの研究者が資金提供者、研究機関、所属機関からオープンアクセス出版を推奨または義務化されています。研究資金を受け取るためには、これに従うことが重要となります。主要な資金提供者のオープンアクセスポリシーのリストと著者が注意すべき重要な点を解説したページへは、下記リンクよりアクセスいただけます。
Funder open access policies

グリーンオープンアクセス

グリーンオープンアクセスとは、セルフアーカイビングとも呼ばれ、原稿やチャプターの初期バージョンを機関や主題リポジトリに寄託したり、オンラインで共有することです。Taylor & Francis Groupのジャーナルで出版する著者は、グリーンオープンアクセスを選択することができますが、通常はエンバーゴ期間が適用されますので、ご注意ください。Taylor & FrancisとRoutledgeのジャーナルのエンバーゴ期間は、オープンアクセスコストファインダーでご確認いただけます。
また、論文の異なるバージョンを共有するための著者ガイドもご参照ください。

Taylor & Francisの書籍チャプターもグリーンオープンアクセスの対象となります。著者または寄稿者は、”Accepted Manuscript”から1つの章をアップロードすることができます。機関または主題リポジトリでの共有、または学術的なソーシャルネットワークへの共有には、エンバーゴ期間が設けられています。
Publishing Open Access Books: Chapters (Routlege.com)

We use cookies to improve your website experience. To learn about our use of cookies and how you can manage your cookie settings, please see our Cookie Policy. By closing this message, you are consenting to our use of cookies.